GoogleのSEOガイドラインを読んだ

SEOに関するGoogleガイドラインを読んだ。
 
 
まず大前提が
  • ユーザーが探している情報を提供する
  • ユーザーが検索するであろう内容に関する質の高いコンテンツを提供する
この要素を満たすために、以下のようなことをして、検索する人にとって優しいサイトを構築する。
 
  • 他のサイトからリンクを貼られる
他のサイトから便利で価値があると思われて、リンクが貼られることでクローラーが見つけやすくなり、上位インデックスされる
 
  • サイトを簡単にアクセスできるようにする
一つ以上のテキストリンクで各ページにアクセスできるようにする。
 
避けること
過度なキーワード、不正なクローリングを試みない。
クローラーは画像のテキストを認識しないので重要な名前、コンテンツ、リンクに画像は使用しない。
用いる場合はALT属性をつける。
同じ内容のコンテンツを複数のURLで公開しない。
 
 
Googleがページを検出しやすくする
画像にはalt属性
リンクの数を妥当な量に抑える
robots.txtファイルを使ってwebページへのアクセスを制限する
サイトマップとサイト情報をgoogleに手動で送信することもできる
 
 
Googleがページを認識しやすくする
豊富な情報をわかりやすく提供する
titleにはタイトルh1には見出し
ページの把握に必要となるcssファイルやjavascriptファイルが全てクロールされるようにする
サイトの重要なコンテンツはタブなどには記載せず、デフォルトで表示する
広告リンクに対してはrobot.txtやrel="nofollow"でクローラが広告を認識しないようにする
 
 
訪問者がページを利用しやすくする
重要な情報はテキスト
全てのリンクがページにアクセス可能
ページの読み込み時間を短縮する
あらゆるデバイスに対応したサイトデザイン
あらゆるブラウザに対応
HTTPS接続
視覚障害のあるユーザーに対しても配慮
 
 

まとめ

 
どうすればユーザーに対して価値のある情報を提供できるか考える。
そして、そこに自分の独自性などで付加価値を高めることが検索で上位に来る大きな要因となる。
ネットをやっているとよくSEOという言葉を耳にするけど、Google曰く、ユーザーにとって役に立つようなサイトを作れば自ずと検索上位にくるということがわかった。
 
以前にWelqなどのキュレーションサイトが誤った情報を流すサイトにもかかわらず、検索上位に食い込んで問題になったが、いずれはそのようなサイトも淘汰されていくはず。
どれだけ人の役に立つ情報を載せるかということが一番重要。
役に立つとはいえ難しい文章にしてしまえば読まれにくくなるし、文章量が多ければそれだけ全て読むハードルは高くなる。
 
自分が読んで欲しいと感じる読者の目線に立ってコンテンツを作っていくことが大事なのかもしれない。